控えめにふるまうことで|葬式の費用は心配無用|リーズナブルなプランが登場
ロウソク

葬式の費用は心配無用|リーズナブルなプランが登場

控えめにふるまうことで

葬儀場

遅刻しないようにします

通夜や葬儀に出席するときは、時間に遅れないようにします。特に、読経が始まってから会場に入るのはマナー違反とされているため、注意します。ただし、通夜の場合は、あまり早い時間に到着しても準備が整っていないことがあります。そのため、予定時刻に早すぎず、遅すぎず、ちょうどよいタイミングで会場に着くように調整して出向くようにします。通夜や葬儀の受付では、小さめの声でお悔やみを述べます。葬儀が仏式の場合は、係の人に「このたびはご愁傷さまでした」と言うのが一般的です。そのあと、ふくさに包んである香典袋を取り出して、相手が名前を読めるように向きを変えて、両手で差し出します。余裕があれば、「ご霊前にお供えください」と言い添えると良いです。

献花の儀式が人気です

キリスト教式の葬儀において、献花の儀式は人気があります。これは、おもに日本のキリスト教徒の間で広まったものです。仏式の焼香、神式の玉串奉奠に相当する儀式です。本来は神に捧げる花ですが、故人に手向けて冥福を祈ることができると、人気があります。献花の儀式は、まず両手で一輪の花を受け取ります。次に、献花台の前まで進んだあと、花を手前に向けて両手で台に乗せます。遺影に一礼して、2歩から3歩下がり、遺族や神父、または牧師に一礼します。キリスト教式葬儀は、教義の違いから、カトリックとプロテスタントに分けられます。カトリックにおいて葬儀は、神に罪の許しを請う儀式と考えられています。一方、プロテスタントは神への感謝を捧げる儀式と考えられています。