祖先を敬う心を大切に|葬式の費用は心配無用|リーズナブルなプランが登場
ロウソク

葬式の費用は心配無用|リーズナブルなプランが登場

祖先を敬う心を大切に

仏壇

仏間がなくなっています

昔は田舎に行けば必ず仏間に仏壇があり、線香を立てて念仏を唱える光景も見られましたが、最近はあまりその光景も見られなくなってきました。しかし亡くなられた方の供養は大切なことで、魂を慰め仏壇に向かって祈ることは日本人の心として受け継いでいかなければなりませんし、先祖を敬う大切なことでもあるのです。とは言え、最近の住宅事情では以前のように仏間がある家は少なくなってきていますし、和室がない住宅も増えてきています。これまでの仏壇では部屋の雰囲気に合わず、先祖を祀りたいと思っても仏壇を置く場所やスペースがないという声も多数聞かれるようになってきました。そこで最近は今までの仏壇の概念を捨て、新たなタイプが登場してきているのです。

タイプ別に選びましょう

昔ながらの仏壇は、黒く漆を塗った金箔で装飾されたものが一般的でした。しかしそれでは洋間が増えた現在の住宅では部屋の雰囲気を損なうので、洋間にあうタイプのものに人気が集まってきています。例えば、家具調タイプのもので扉を閉めれば小さなチェストのように見えるタイプや、壁に取り付け小さな扉を開くと中に仏具が置いてあるタイプなど今までなら考えられなかったような仏壇も増えてきています。もちろんこれまでのように格式高いものも人気がありますが、まず仏壇を選ぶ時には、設置する場所やデザインのほかに予算も考えて選びましょう。仏壇と仏具は値段が一式になっていない場合もありますので、特に予算を立てる際には注意が必要です。