お葬式

葬式の費用は心配無用|リーズナブルなプランが登場

遺品を整理する時の助っ人

作業者

かつては遺族の仕事だった遺品整理も、今は業者にお願いする事が多くなっています。自分達では進まない仕事も、テキパキと仕訳してくれます。芦屋の皆さん、安心して任せられる業者を探す為にはネットなどを上手に利用して下さい。

Read More

控えめにふるまうことで

葬儀場

通夜や葬儀の予定時刻に合わせて会場に着くようにします。早すぎても遅すぎても失礼です。キリスト教式の葬儀において献花の儀式は、仏式の焼香に相当する儀式です。故人に花を手向けて冥福を祈ることができるため、人気があります。

Read More

貧乏でも葬儀はできる

葬儀

低価格の葬儀

厳しい経済状況が続く中、食べていくだけで精一杯という苦しい生活を余儀なくされている人がたくさんいます。高齢者や病気療養中の方などからは、自分が死ぬと葬式代で家族に迷惑をかけてしまうという声がしばしば聞かれます。地域差もありますが、昔から一般的に行われてきた形式の葬式を営むとだいたい200万円前後の費用がかかると言われています。カツカツの生活を送っている人にとって、200万円という金額はあまりにも高すぎます。そのため葬式代を心配する人が多くなっているわけですが、もっと安い料金で行なえる葬式もあります。たとえ十分なお金をかけることができなかったとしても、死者を悼む気持ちさえ持っていれば弔いとして不足することはありません。逆に、手作り感のある温かい葬儀にすることができます。葬儀に多額の費用をかけることに疑問を感じる人も増えてきた影響で、低価格葬儀に注目が集まっています。

どんな葬儀があるのか

ここ数年、少ない費用で心のこもった葬式にすることができるとして大人気になっている葬儀形式があります。それは、家族葬と呼ばれる葬儀です。その名が示している通り、家族を中心にしてこじんまりとした規模で営む葬儀です。ただし、家族以外の人の参列を完全に拒否するのではなく、ごく近い身内や故人の友人などには参列してもらうのが一般的です。参列者の数が多くなればその分だけ費用がかさむことになりますが、必要最小限の人数に抑えるようにすれば低料金で葬式を出すことが可能になります。また、親しい人だけで故人を見送ることになるため、体面を保つための華美な装飾が不要になります。一概にいうことはできませんが、50〜100万円前後の費用で済むケースが多く、家族葬の人気が高まる一方となっています。家族葬以外にも、一日葬や直葬などといった低価格葬儀があり、多くの人に利用されています。

祖先を敬う心を大切に

仏壇

亡くなった方の魂を慰め、先祖の霊に祈りを捧げることは日本人の心として受け継いでいかなければなりません。最近の住宅事情により以前のように仏壇を置く場所がない家も増えていますが、部屋の雰囲気に合わせた仏壇も増えてきています。

Read More